2.カゴヤでVPSを契約する ~wordpressでブログが出来上がるまで②

このブログを作るまで思いのほか地味に時間を取られたので、忘れないように流れを書きます。
誰にも特にならないような内容ですが、記録として…。

カゴヤでVPSを契約しよう

申し込みの流れなので非常にシンプル。何にも難しいことはありません。
用意するものはクレジットカードと契約へのワクワクですね。

  • 1.カゴヤの公式HPに行きます。

  • 2.トップページをスクロールさせると各サービスのアイコンがあるので、VPSをクリックします。

  • 3.VPSサービスのメインページに移動します。

  • 4.下へスクロールすると申し込みボタンが二つ出てきます。今回はクレジットカードで申し込むので「オンラインから申し込む」を選択しましょう。

  • 5.利用規約と個人情報取扱いについての規約が表示されるので、熟読したら2か所にチェックを入れて、「次へ進む」をクリック。

  • 6.個人情報等を入力して「次へ進む」をクリックします。この時、「ご利用形態」で個人・個人事業主を選択すると入力項目が減ります。

  • 7.入力した確認画面が表示されるので、内容に問題無ければ「次へ進む」をクリック。

  • 8.個人情報の入力が完了すると次はクレジットカードの登録です。「登録画面へ」をクリック。

  • 9.クレジットカード情報を入力し、「この内容を保存」をクリック。

    カード情報に問題が無ければ、手続き完了となります。

登録完了!

登録が完了すれば、入力したEmailアドレスあてに「カゴヤ・クラウド/VPS 登録完了のお知らせ」のメールが来ます。

メールが確認できたら早速ログインしてみましょう。

  • 10.カゴヤのトップページ右上の「ログインメニュー」にマウスをオンさせて、「VPS」をクリックします。

  • 11.設定したアカウントとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

  • 12.ログインできればOKです。

コントロールパネルのリンクはこちらです。

ちなみに、ここまでだと何も課金は発生しません
このあとにインスタンス…いわゆる仮想マシンを実際に作成した段階で料金が発生します。
また、自分はKMZとOpenVZのどちらでもインスタンス作成できることを知らなかった為、最初KMZで作成してました。
気が付いてすぐに削除してみたけど、もちろん課金は発生。24円。
なので間違えないように作成するときは注意しましょう。

実際に申し込んでみて

注意点としては、
1.スナップショットが10GB毎に月4.3円の課金発生となる
2.HDD容量がプラン容量を超えると10GBにつき月108円の課金発生となる
3.ドメイン取得 :費用5400円(.comなどのgTLDドメインの場合)
4.SSL証明書も結構費用かかる

1.のスナップショットは元々使用したかったので個人的には許容範囲です。(※スナップショットとは、いつでもその時点に戻れるセーブポイントのような機能。プラグインインストール前、更新適用させる前などの作業の前に逐一作成しておくことで、問題が出てもすぐに戻れる便利機能)

2.ですが、HDD容量はプランごとに基本容量(今回でいえば200GB)の記載であっても、インスタンスを作成した際、上限の1000GBに自動で初期設定されています。
コントロールパネルからマシンのディスク使用量の監視が可能なので、自分は1000GBの設定を200GBに落としてそもそも超過しないようにしました。

3.ドメイン取得費用は値段だけ比較したら高いと思います。ただ、同じ契約先1カ所にまとめられるので管理や更新は楽になる事も考えられます。
今回はドメインの取得なども実際に行いたかったので、別途購入対応しています。  

4.こちらも3.と同様と思われます。費用はかかるけど、管理や更新は楽になると思われます。
無料の証明書発行も行ってみたかったので、Let`sEncryptで証明書発行をしてみました。

・捕捉.今回選んだサーバプランはOpen VZのCPU3コア メモリ1GB保証/2GB HDD200GBのプランを選んでます。あまりに遅いとかあれば、SSDに切り替えるか、メモリの多いインスタンスに切り替えるか…でしょうか。

次はインスタンスの作成とSSHログインの設定を書きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする